Tern 2台を車に積んでみた


おでかけ用に我が家の折りたたみ自転車Ternくん俺号(Verge N8 2015モデル)とTernくん嫁号(Link N8 2016モデル)を車(VolksWagen Golf VI Variant)に積んでみました。 

ちなみに、ラッゲジルームの奥行きが 80cm以上、開口部の高さが75cm以上(ラゲッジトラスを取り付けた状態だともう少し必要)の車が望ましいです。
ゴルフヴァリアントの場合、リアパーティションやラゲッジスペース上部の覆い(←正式名称がわからない)を取り外さないと、きつい感じでした。

Ternくん 俺号(Verge N8 2015モデル)


フォールディングサイズ:高さ 72cm x 幅 79cm x 奥行 38cm

Ternくん 嫁号(Link N8 2016モデル)


フォールディングサイズ:高さ 72cm x 幅 79cm x 奥行 38cm

スポンサーリンク

固定器具を作成する


適当な木とU字の金具4つです。
総額500円程度です。

適当に穴を開けて、U字金具をとりつけます。裏側からナットで固定しています。
U字金具の間にちょうど閉じたTernくん達が挟まるように出来ています。

ちなみに、VergeとLinkで折りたたみサイズに違いはほとんどありません。

4隅に紐を通す穴を開けて、トランク内のフックなどに結べるようにするとなお良いと思います。

自転車を載せる

まずは片方のU字金具の間にタイヤが挟まるように1台目を載せます。
金具に固定用のベルトを通して締めます。

もう1台も同様に固定します。

これだけでも充分ですが、私はさらに、左右方向にひっぱるようにゴムベルトで補強しました。

使用してみて

この状態で長距離やつづら折りの山道を走行しましたが、今のところ転倒したりせず、がっちり固定されています。
ただ、ベルトで固定する際に気をつけないとリアディレイラーやスプロケットにあたってしまうので注意が必要です。

端の方に固定用金具を追加して、駆動系の部品に接触しないようにしてやるとさらに完璧かもしれません。

これから良いシーズンが到来しますので、いろんなところに乗りに行きたいです。

スポンサーリンク

フォローする