Electronの環境構築 on Debian

業務用に開発した自分用ツールを非開発者も含めた他の人に使ってもらうために、ElectronでGUI化することに。

スポンサーリンク

Electron is 何?

GithubがAtomエディタのために開発した、JavaScriptとHTMLでクロスプラットフォームなデスクトップアプリを作れるオープンソースなフレームワーク。というか、今さら感あるよね。
詳しくは、http://electron.atom.io/ 参照。

nodejsとnpmのインストール

まずは nodejs と npm をインストールする。

$sudo aptitude install nodejs
$sudo aptitude install npm
$node
bash: node: command not found


Debianの場合、nodeコマンドではなくnodejsコマンドになっているので、適当な場所にシンボリックリンクを作る。

nodejs-legacyパッケージを入れると良いらしい。
nodeっていう別のパッケージと競合してるのね。。。

$sudo aptitude install nodejs-legacy
$ll /usr/bin/node
lrwxrwxrwx 1 root root 6  4月 12  2015 /usr/bin/node -> nodejs

electron-prebuildのインストール

次にelectron-prebuildをインストールする。
名称は electron に変わったようだが、2017年1月時点では、electron-prebuildでもインストールできる模様。

$sudo npm install -g electron
$which electron
/usr/local/bin/electron
$electron --version
v1.4.13
$electron

こんな画面が立ち上がればOK。
electron

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. nogajun says:

    シンボリックリンクじゃなくてnodejs-legacyパッケージを入れてくだちい