systemdのSNTPクライアント機能を使ってみる

仕事で使っているUbuntu12.04な開発PCのセキュリティアップデートがそろそろ終了なので,Ubuntu16.04をクリーンインストールしたところ,ntpdateがデフォルトで入っていなかった.

どうもsystemdにSNTPクライアント機能が入っているためデフォルトから消えたらしい.

ということで,systemdのSNTPクライアント機能 systemd-timesyncd を使ってみることにした.

スポンサーリンク

時刻同期の方法

SNTPクライアント機能の設定方法について.

まずはtimedatectlでNTPクライアント機能を有効にする
#timedatectl set-ntp true

次に設定ファイルを編集する.

設定ファイルは /etc/systemd/timesyncd.conf になる.
このファイルにNTPサーバを指定する.
複数指定する場合は空白を区切りとする.

NTP=にNTPサーバを指定し,FallbackNTP=に予備サーバを指定するらしい.

NTP=ntp1.example.com ntp2.example.com
FallbackNTP=ntp3.example.com ntp4.example.com

最後に再起動する.

#systemctl restart systemd-timesyncd.service

で,status確認
#systemctl status

こんな感じになる.※これは手元のDebianで確認した結果
NTPサーバと同期できたっぽいことが確認できる.

systemctl status systemd-timesyncd.service 
● systemd-timesyncd.service - Network Time Synchronization
   Loaded: loaded (/lib/systemd/system/systemd-timesyncd.service; enabled; vendor preset: enabled)
  Drop-In: /lib/systemd/system/systemd-timesyncd.service.d
           └─disable-with-time-daemon.conf
   Active: active (running) since Mon 2017-02-27 22:53:09 JST; 1min 48s ago
     Docs: man:systemd-timesyncd.service(8)
 Main PID: 2585 (systemd-timesyn)
   Status: "Synchronized to time server 103.4.76.91:123 (0.debian.pool.ntp.org)."
    Tasks: 2 (limit: 9830)
   CGroup: /system.slice/systemd-timesyncd.service
           └─2585 /lib/systemd/systemd-timesyncd

別の確認方法.こっちの方が見やすいかも.
NTP synchronizedがyesになっていればOKなのだと思う.
#timedatectl

      Local time: 月 2017-02-27 22:57:33 JST
  Universal time: 月 2017-02-27 13:57:33 UTC
        RTC time: 月 2017-02-27 13:57:33
       Time zone: Asia/Tokyo (JST, +0900)
 Network time on: yes
NTP synchronized: yes
 RTC in local TZ: no
スポンサーリンク

フォローする