[タミル語] 属格の作り方

タミル語プロジェクト

これは個人的な学習メモですので、詳細はニューエクスプレス タミル語 などの入門書を読むことをおすすめします。

ローマ字転写はfcitxでphonetic入力を行う際のキーストローク相当となっています。

なお、ここでは口語についてのみまとめ、文語については触れないことにします。

スポンサーリンク

属格とは

属格とは、日本語の「〜の」に相当する格で、所有の意味を表します。じゃあなんで所有格って言わないの???

属格の作り方

名詞語幹 + ஒட (ota オーダ)

属格の例

私の: யென்னோட (ennoota イェンノーダ)
例文)私の名前は〜です。:என்னோட பெயர் 〜.
名詞語幹を名詞の前に置くことで属格として用いることもできるそうです。
例文)私の名前は〜です。:என் பெயர் 〜.

あなたの: உன்னோட (unnoota ウンノーダ)

この: இந்த (intha インダ)
あの: அந்த (antha アンダ)
この・あの は ட (ta) はなく、த (tha) を使うみたいです。第3課のミキのセリフにもシレっと使われています。
例文) あのお菓子を下さい。:அந்த மிட்டாய் கொடுங்க

スポンサーリンク

フォローする