正倉院展に行ってきた

客先都合により謎の前振り休日だったので、今年も奈良博物館で開催されている正倉院展に行ってきました。
オータムレートチケットで逆順に回る戦法をとりました。
瑠璃杯以外全部見てから閉館時間際に瑠璃杯へ。

1000 年も前に作られたものが、(それも聖武天皇が実際にお使いになった品々が)こうして残ってるというだけでも凄いです。

個人的に気に入ったものを紹介。

  • 瑠璃杯 – 今年の目玉。1000 年前にガラスを作る技術は完成してたんですね。
  • 螺鈿紫檀枇杷 – 一昨年の目玉である螺鈿紫檀五弦枇杷ほどではないですがやはり螺鈿細工は美しいですね。
  • 紫檀螺鈿把斑犀鞘金銀荘刀子 – 今回一番気に入ったのがこれ。繊細かつ緻密な螺鈿細工が美しい。組紐まで残ってるんだもんなぁ。
  • 密陀彩絵箱 – 唐草に弱いんですよ私。パルメット唐草が美しい。

私は、”真に完成された工業製品は芸術品たり得る”と考えています。
私の関わった製品は、何年先まで残っているのでしょうか?
1000 年先、とまでは言いませんが、後世の人が見て “プリミティブだがよく考えられている” と言ってもらえるようなものを作りたいですね。
(製品寿命的に考えると100年後には1つも残ってないだろうな)

美術館・博物館・寺社仏閣へ行く場合、単眼鏡は必須アイテムです。
↓↓↓

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク