TABOK勉強会関西#6 に参加してみた

[記: 2013/3/17] 2 月 17 日にやった分のエントリ、下書きだけして忘れてました。。

第6回 TABOK 勉強会に参加してきました。
今回は話が色々発散して、興味深い話が聞けました。
ということで気になったお話をいくつか…

スポンサーリンク

テスト自動化の観点的なetc

某社で実践されておられるそうです。。。

自動化の目的

  • テストできません。を無くす。
  • マニュアルじゃできないパターンを網羅する。
  • 再現しない不具合を出せるようにする。
  • 手動じゃできない回数をこなす。
  • レスポンスの悪い取引先を動かす(笑)。

テスト自動のボトムアップアプローチ

  1. まず最も使うパターンを自動化
  2. 繰り返しできるようになったらパターン変更できるように改良

1 が リニアスクリプト、 2 がデータ駆動 + 機能分割。といったところでしょうか。

自動化ってどうやるの?

  1. テスト分析
  2. テスト設計
  3. テスト実行

何を見ればいいの?

  • Myers のシステムカテゴリ(ググりましょう)
    • セキュリティ
    • パフォーマンス
    • ボリュームテスト
    • ストレステスト
    • ユーザビリティ
    • etc
  • 湯本メソッド(ググりましょう)
  • ISO9126 の品質特性(ググry)

テストとは…

テスト界のエラい人、SNSKさんの提唱するテストとは、
Drive, Judge, Report らしい。

  • Drive – ツールでテストを drive する
  • Judge – drive による状態変化を judge する
  • Report – judge による結果を report する

これをいかに自動化するか、という観点を持つと良いらしい。

本の紹介

JaSST 参加者のレポートなんかもあって、講演者の本を教えていただきました。
知識ゼロから学ぶソフトウェアテスト
ポチる前に: もうちょっと待てば第2版が出るらしいよ!

スポンサーリンク

フォローする