Debian GNU/Hurd リリース

Hurd-logo
本当は Wheezy にテクニカルプレビューとして入る予定だった Debian GNU/Hurd ですが、Wheezy から遅れること 3 週間、なんとかリリースにこぎつけたようです。

1 年ほど使用していないのですが、致命的に遅かった IO は改善されてるのでしょうか?
今週末にでも遊んでみたいと思います。

Debian Project News – May 27th, 2013 からの抜粋。

The Debian GNU/Hurd team announcedthe release of Debian GNU/Hurd 2013. This is not an official Debian release, but it is an official Debian GNU/Hurd port release. On the Debian Ports archive you can find the installation ISO images to download (netinst, CD or DVD), as well as a pre-installed disk image which makes it even easier to try Debian GNU/Hurd. Debian GNU/Hurd is currently available for the i386 architecture with more than 10,000 software packages available.
Please make sure to read the configuration information, the FAQ, and the translator primer to get a grasp of the great features of GNU/Hurd.

Debian GNU/Hurd チームが Debian GNU/Hurd 2013 のリリース をアナウンスした。これは Debian の公式なリリースではないが、Debian GNU/Hurd の公式移植版のリリースとなる。Debian 移植版アーカイブでは、インストール用のISOイメージ (netinst、CD、DVD)と、Debian GNU/Hurd をより手軽に試すことができる、プリインストールディスクイメージが入手できる。Debian GNU/Hurd は現在、i386 アーキテクチャでのみ利用可能だが、ソフトウェアパッケージは 10,000 個以上にのぼる。
GNU/Hurd の機能を体験するためには、まず設定ガイドFAQtranslator入門 を読んでみると良いだろう。

(訳は筆者による)

Debian GNU/Hurd こそ、私が OSS 界隈で活動にするにあたり常に大切にしたいと考えている 「Just for fun」の精神 (または誰得精神とも言う) の塊みたいなものなので、個人的にすごく応援してます。

面白そうだったら記事に挙がっているドキュメントを翻訳してみようかなぁ。(その前に Debian Kernel Handbook の訳を終わらせないと…

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク