FoldaRap 改良(1) – エクストルーダの設計

extruder

完成する前から改良というのも変な話ではあるのですが。。。
発注したヒートベッドがなかなか届かないので OpenSCAD の練習がてらエクストルーダを設計してみました。OpenSCAD は機構部品の設計にはすごく使えますね。プログラマ寄りの人にはグラフィカルなCADよりも扱い易くて良い感じです。

フィラメントをドライブするギアの外径が大きいのでスペース的な余裕がなく、PTFEの継手やスプリング式の締め付け機構の取り付け位置などが悩みどころです。あんまりゴテゴテしてしまうと格好悪いですし。

やっぱり本家のエクストルーダはよくできてますね。

PTFEチューブの取り付け側をもうちょっと盛ってしっかりした作りにしないとおそらくダメっぽいですね。こういうのセンスなくてつらい。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク